坐骨神経痛について

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、坐骨神経の通り道である、お尻からふともも・膝から下に感じる「痛み・シビレ」などの神経痛を表します。身体の中で最も太い神経なので、症状を強く感じることが多いのが特徴です。

神経痛は、該当する神経(この場合は坐骨神経)に、痛みやしびれを感じている状態を表し、原因ではなく現象ですので、痛みやしびれの原因は他にあり、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が良く知られていますが、内科の病気が原因となっていることもあることは、あまり知られていません。

坐骨神経痛について、知っておきたいポイントを以下にまとめましたのでご参考になさってください。

痛み・しびれの原因

坐骨神経痛の原因は、大きく分けて3つあります。
  • 1
    整形外科疾患:筋肉のコリ・関節の歪み
    ぎっくり腰、ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群など
  • 2
    内科的疾患
    糖尿病やバージャー病、腫瘍など(糖尿は神経性、バージャー病は血管性)
  • 3
    心因性なもの
    ストレス性の痛み(心の病による痛み)

怪我や、慢性疾患がなく、横になっていれば、我慢できる痛み・シビレを伴う、坐骨神経痛の原因の多くは、、姿勢が原因により、腰に過度の負担がかかることで起こる筋肉の緊張・関節のわずかな歪みが原因です。

症状の感じ方は様々

痛みやしびれに加え、ほてり、冷え、こむら返りとして出ます。
3つの原因ごとの特徴的な症状について

坐骨神経痛の症状は、痛み・シビレが知られていますが、筋肉痛と間違われる痛み・足の冷え・ほてりなどが現れることがあります。

  • 筋肉の緊張・関節のゆがみが原因の症状
    同じ姿勢を続ける(立つ・座る)と徐々に痛みが増してくる。
    動きはじめ(椅子から立ち上がる・靴下をはく)に強く感じる。
     
  • 内科的な原因の症状
    痛みを感じる動作が特定できない「安静にしていても」急にしびれ、痛みを感じることがあり、どの動作で、痛みやしびれが出るのか特定できない。
     
  • 心因的な症状
    これに関しては、専門ではないので断定できませんが、上記の2つ当てはまらない時に可能性を考えます。

坐骨神経痛の解消法「保存療法」と「手術療法」

痛みやしびれの状態に応じて、効果が期待できる方法が異なります。

1:電気療法

  • マイクロ波やホットパックでの温熱療法
  • 低周波や干渉波などの電気療法
  • 牽引療法

目的は、温める、電気で刺激することによる血行改善整形外科や整骨院で、健康保険を使い一般的に受けることが可能です。

2:運動療法・ヨガ・ストレッチ

  • 腰痛体操
  • ピラティス
  • マッケンジー体操
  • ストレッチ
  • ヨガ

目的は、筋肉の柔軟性向上、筋力アップ、病院で指導される、腰痛体操のほかにも、ヨガサロン、ストレッチ店など様々な方法があります。

3:マッサージ

国家資格である、按摩・マッサージ・指圧の資格を持ち、筋肉や神経を考慮しながら行うマッサージと、無資格での、もみほぐしが混在しています。

目的は、マッサージによる血行改善。痛みが強い時期に、もみほぐしを行う事はおすすめしません。

4:整体・カイロプラクティック療法

目的は、姿勢の調整を行うために手技により骨盤や背骨の歪みを整える。

はり灸や、柔道整復師の国家資格を保有し、西洋医学の知識を併せ持つ整体院と、整体だけで無資格の整体院がある。

5:はり灸

目的:はりや灸を行い、ツボを刺激することで、自己回復能力を働きやすくする。医師もしくは、はり灸国家資格者のみが行う。

6:薬物・注射

目的:痛みの軽減

貼り薬<飲み薬<痛み止めの注射<神経ブロック

右に行くほど、身体にかかる負担が大きい

再発予防とセルフケアについて

坐骨神経痛、2度と繰り返したくないでしょうし、今悩んでいる人は、セルフケアも行う事で、少しでも早く改善させたいと思っていることでしょう。

自分でできることとして、腰痛体操・マッケーンジー体操・ストレッチ・水中歩行などがありますね。

どのタイプの坐骨神経痛にも有効な方法は、残念ながらないので、状態に応じた方法を、適切な回数行う事が大切です。

また、セルフケアとなると、上記に上げたような、体操やストレッチ、ウォーキングな身体を動かすことをイメージされる方が多いですが、最も大切なのは、姿勢を意識して生活習慣、普段の生活での体の使い方を正しく行う事です。

このページを見ている人の多くは、横になり、身体を休めていれば、激しい痛み・しびれはないと思います。この状態では、日頃の姿勢が悪く、横になっているとき以外、座っている、立っている時に、常に腰に負担がかかる悪い姿勢をしていることがほとんどです。

当院では、初回にアプリを使い、姿勢分析を行い、姿勢の歪みをご自身でも知っていただき、整体で歪みを整えることも、もちろん行いますが、姿勢教室を開催して、身体にかかる負担がかかりにくい、正しい姿勢をお伝えしています。

坐骨神経痛についての考察

一般的に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などが、原因とされている坐骨神経痛ですが、そもそも、椎間板や脊柱管に問題が起きるのは、日常生活での姿勢が悪いことにより、5つある腰の骨の特定部分に、負担がかかり、30~50代であれば、腰椎椎間板ヘルニア、60代異常であれば、脊柱管狭窄が、徐々に進行して、坐骨神経痛が起きていると考えています。

つまり、長年の姿勢不良から、腰に負担がかかり、年齢・生活での負担別に発症原因があると考えるので、手術を必要とするほどの、変形がないケースでは、根本の姿勢を整えることが必要だと考えられます。

治療が得意な整体院の探し方。

お尻や足が痛い時、坐骨神経痛が得意な整体院を探すコツ!!

皆さんが、整体院を探すときに、口コミ・ホームページ・看板が一般的なところではないでしょうか?

口コミ、ホームページで整体院を探す際、神経痛の得意な、整体院えらび4つのポイント。

効果が期待出来る症状だけでなく「役に立てない症状」についても明記がある

すべて整体で解決できると考えず、必要に応じて、医師の受診をすすめる。(西洋医学の知識がある)

坐骨神経痛は、全部この整体法とワンパターンでなく、症状・原因に最適な治療法を選択

整体前に、症状の経過など、状態についてのくわしい問診とどの関節が、歪んでいるのか体のゆがみの検査を行う。

上記の4点をふまえた上で、あとは好みでボキボキするかしないかなど治療法で選ぶとよいと思います。

坐骨神経痛|瀬谷のこぼり治療院の整体について

当院では、なぜ、姿勢が乱れ、腰に負担がかかるのか、痛み・しびれの感じ方だけでなく、姿勢に影響を与える生活習慣がひとりひとり異なるので、初回に詳しく聞き取ります。

聞き取り結果を考慮したうえで、全身の筋肉の緊張、神経の働き、関節の動き、自律神経の状態をチェックしますし、もちろん姿勢のお写真も撮影して、分析します。

ここまで行い、あなたが悩む、痛みしびれが、当院オリジナルの整体が有効かどうか検証をします。整体を行う事が危険ではなく、効果的だと判断した場合、整体を行う計画を立て、最も効果的な施術頻度と、施術期間の目安をお伝えしてスタートとなります。

予約方法

「ホームページを見て…」と、お電話いただけるとスムーズです。

駐車場3台完備

045-306-2312

受付時間:9:00〜19:30 (休み:木・日)

横浜市瀬谷区中央16-21 2階
相鉄線「瀬谷駅」北口より3分

お気軽にお電話くださいね。

3密を避けた室内

ご連絡お待ちしています。

ご予約はこちら

「ホームページを見て…」とお電話ください。

045-306-2312

相鉄瀬谷駅3分 P3台あり
電話受付:9:00~19:30

患者さん84名のお喜び声

週刊文春に掲載されました

腰痛口コミサイトが評価腰痛クチコミバンク人気施術院
横浜瀬谷区で、唯一当院が選ばれ、推薦されました。

概要

整体  こぼり治療室

045-306-2312

受付時間:9:00〜19:30
(休み:木曜・日曜)

場所

横浜市瀬谷区中央16-21 2階

駅徒歩3分・P3台

院長

小堀 健

ご注意

こちらに掲載している内容は、効果を保障するものではありません。整体の効果は、個人差があります。