当院の考える腰痛の根本原因。

腰痛には、発生原因・根本原因の2つがあると考えます。

腰に、強い自覚はないが、生活習慣による姿勢の悪化で、常に過度の負担がかかり続ける根本的な原因を持っている人が長い時間かけ腰がじわじわ悪化して、発生原因となる、きっかけ動作を行ったときに痛み症状となって現れると分析しています。

かつては腰痛の根本原因として考えられていた

  • 重いものを持ち上げる
  • 同じ姿勢(立つ・運転・座る)を長く続ける
  • 前にかがむ、振り返るなどの動き始め

などや、ヘルニア・運動不足は発生原因であり、根本的な原因に問題がない人(腰に負担をかけない姿勢をしている人)は、同じ動作をしても、痛みが出ません。

病院では、腰痛の根本原因は、レントゲンやMRIで分かる、ヘルニアや変形とされていましたが、現在85%根本原因が不明とされています。

根本原因が分からずに、発生原因だけに対処療法を行っても腰痛解消に十分な改善が期待できないので、電気・薬・痛みを感じるところを揉んでも解決にならず腰痛が長引くことが少なくありません。

腰痛で病院に行くのはどんな時?

病院に行く際、近くの診療所やクリニックがいいのか、設備の整った大きな病院がいいのか?そもそも病院に行く必要があるのか?など、整体の現場で聞かれる質問を分かりやすくまとめてみました。

腰痛体操は効果があるの?

腰痛体操は、痛みの原因、症状の時期ごとに、行っていいことが異なります。自己判断だけでネットやテレビの情報をうのみにして悪化させる人が多いので注意が必要です。

コルセットの効果的な巻き方

コルセットは巻き方(位置)で、効果が大きく異なりますので注意が必要です。コルセットをまくとらくでも、頼りっきりでは筋肉が落ちますので、使い方の注意が必要です。

腰痛と整体について

腰痛は、整体が効果的なものと、そうでないものがあります。

当院の腰痛の整体について

腰痛は、さまざまな原因があり、症状も様々ですので、ひとりひとり効果的な対処法が異なるため、初回に根本原因を徹底的に調べて効果的に施術を行うために計画を作成して行います。

代表的な腰痛について

ぎっくり腰で、整体を希望して横浜瀬谷の当院に沢山の問い合わせをいただきますが、腰の痛みの強さにより、必要な処置が異なります。

整体が有効な時期・治療より安静が必要・医師の診察が必要な時期があります
病院へ 横になっていても激痛で、どの姿勢をしていても我慢できない
安静 横になってれば、我慢できるが、寝返り・起き上がりが激痛、つかまらずに歩けない
整体 つかまらずに、ゆっくり歩ける。

スゴク痛いから、整体で一発でどうにか・・・・そんなお電話を頂くことがありますが

横浜のこぼり治療院では、出来るなら、安静動けるようになったら、病院(整形外科)へ、その後、激痛が治まり、痛くない動作が増え(寝返り・立ち上がり)、激痛というよりは、特定の動作だけつらい。

腰の痛みが、動作痛になってからの整体治療をおススメしています。

腰が痛くて、整形外科へ行きレントゲンを撮ると、分離・すべり症が、腰の痛みの原因と診断される事があります。

しかし、分離滑り症を持っていても、腰の痛みを感じない人も多いので、腰の痛みの強さに注目する必要があります。

子供がサッカーやラグビーなどの、スポーツを部活で行い、レントゲンで分離症と診断された場合は、安静が必要です。
高齢者の慢性腰痛で、痛みが激しくない場合は、定期的に経過を観察すれば、気にしなくてもいいでしょう。

ただし、足のしびれや・痛みが強く、10分以上続けて歩けない場合は、腰椎分離滑り症による狭窄症が起きている可能性が考えられます。

10分以上続けて歩く事が出来なるまで進行すると、買い物・外出などの日常生活が困難になるため手術の対象になるケースも

分離すべり症は、腰の骨折です。

整体で歪みを整えても骨折は、元には戻りませんが、ひどくなる前に、鍼灸で筋肉を緩め、整体で腰のバランスを整える事で、症状の緩和・進行を抑える事が可能となります。

仙腸関節炎について

仙腸関節炎

どのような病気(症状)

仙腸関節骨盤うしろ)にある関節が、炎症を起こし、腰の痛み症状を感じます。に座る・斜めすわり・あぐらなどで、腰の下から臀部が痛みます。

治療

炎症が、軽度のものであれば仙腸関節のゆがみを整体で調整。炎症がひどく、日常生活に支障がある場合、アイシングや針治療で、炎症を治めます。

何回ぐらいで、効果を感じるか
  • 症状の強さ・感じている期間によりますが、日常生活に、著しい支障がないのであれば、3〜5回で、軽減して5〜10回で症状改善
  • 症状が出て、2〜3日以内であれば、1度で効果を感じることもありますが、経過が、長いものは、時間がかかります。
  • 一般的には、3〜10回ぐらいの整体・針治療が必要です。

ゴルフなど、スポーツでの腰の痛み

ゴルフ・ジョギング・サッカー・スキーなどスポーツで腰の痛みを感じて、鍼灸・整体に来院される方が増えています。

  • ゴルフは、体をねじる動きを行うので、腰のゆがみが出ます。
  • ジョギングは、疲労が溜まる、筋膜性腰痛
  • サッカーは、疲労骨折による、腰椎分離滑り症
  • スキーは、着地・衝突による、腰の捻挫

腰の痛みでも、それぞれのスポーツで原因が異なります。

運動をする方の多くの方が、競技をしながら治療による回復を望みますが、症状の強さによっては、安静が必要です。

この記事を書いたのは

DSC_0196_150.jpg

院長とスタッフ一同

2001年に開業、完全電話予約制の施術。

ご予約は、お電話にてお願いいたします。

045-306-2312

受付時間:9:00〜20:00
(休診日:木曜・日曜)

相鉄線「瀬谷駅」北口より3分。P2台完備

腰痛の整体は、どんなことするの?

整体治療に行ってみようかな?でも、整体を周りに受けた人もいないし、どんな事をされるか、少し不安。検索してみたら、沢山の、治療院が出てきて、それぞれ整体院では、自分の所が効くとあるけど、やり方も色々だし・・・

腰痛の整体治療について書いてみますね。

整体は、体のゆがみを整えることで、神経の圧迫を除き、症状改善を目指します。

方法

骨盤矯正・ボキボキする整体・むつう整体・中国式整体など、さまざまな、整体院がありますが、それぞれに整体理論があります。

最近では、リラクゼーション系の、O脚矯正・小顔整体など、美容目的もあり、ますます複雑化していますね。

腰痛の整体治療は、こんなことをします。
  • どこに、問題があるのか・どんな状態か問診
  • 整体の流派それぞれの方法でゆがみのチェック
  • 問診と、見つけたゆがみを元に、整体でゆがみを整える
  • 整体の後は、ゆがみを再確認
  • 効果や、腰痛になってからの経過に基づき通院間隔のアドバイス

これが一般的な、整体治療になると思います。

詳しい問診(いつから・どこが・どのようになど)と、ゆがみの検査で、痛みの原因の特定を行えない、整体院では腰痛の効果的な矯正は期待できないと思います。

腰痛の中には、整体を行うと、大変危険な腰痛があります。

安静にして、どの姿勢をしても、ものすごくイタイ腰痛で、整体を受けるのはキケンです

どの姿勢をしていても、すごくイタイ腰痛は、大変強い炎症が、腰にある時に感じる痛みです。強い炎症が、体の歪みを整えることで、消えることはありません。

炎症は、安静と医師の指導の下での投薬などの治療が必要です。

予約方法

「ホームページを見て…」と、お電話いただけるとスムーズです。

駐車場3台完備

045-306-2312

受付時間:9:00〜19:30 (休み:木・日)

横浜市瀬谷区中央16-21 2階
相鉄線「瀬谷駅」北口より3分

お気軽にお電話くださいね。

3密を避けた室内

ご連絡お待ちしています。

ご予約はこちら

「ホームページを見て…」とお電話ください。

045-306-2312

相鉄瀬谷駅3分 P3台あり
電話受付:9:00~19:30

患者さん84名のお喜び声

週刊文春に掲載されました

腰痛口コミサイトが評価腰痛クチコミバンク人気施術院
横浜瀬谷区で、唯一当院が選ばれ、推薦されました。

概要

整体  こぼり治療室

045-306-2312

受付時間:9:00〜19:30
(休み:木曜・日曜)

場所

横浜市瀬谷区中央16-21 2階

駅徒歩3分・P3台

院長

小堀 健

ご注意

こちらに掲載している内容は、効果を保障するものではありません。整体の効果は、個人差があります。