腰痛 治療|腰痛対策としてのコルセット

腰痛対策としてのコルセット(腰痛ベルト)の使い方、正しく行えていない多いです。

コルセットは、正しく巻く事で、腰痛が軽減して初めて、コルセットの効果が現れます。

ただ、コルセットを巻いていれば、腰痛対策になり腰痛が軽減されるわけではありません。

コルセットを用いる際に大切な2つの事
  • コルセットの巻く位置
  • コルセットの巻く時期

この2つ「位置と時期」が、腰痛対策としてコルセットを使用する際に重要です。

高価なコルセットや腰痛ベルトを購入しても、
腰痛対策としての十分な役割は果たせません

  • 腰痛で、コルセットを巻く位置どうしてますか?
  • 腰痛でコルセットを巻くときに、どこに、コルセット巻いていますか?

適当に、ナントナク 
腰痛ベルトやコルセットの位置決めてませんか?

これでは、いくら高価なコルセットや腰痛ベルトを購入しても、腰痛対策としての十分な役割は果たせません。

簡単に言うと、腰痛が楽になる高さに、
コルセットや腰痛ベルトを巻けばいいのです。

コルセットは、時期に応じた使い分けが必要

  • 1
    常にコルセットが必要な時期
    寝返りがつらい、歩く際に 支えが必要
    このような、ギックリ腰など 腰痛の初期は、食事中・食後30分・横になって休む際以外は、コルセットを巻いている必要があります。
  • 2
    軽作業からコルセットを外す
    ・歩行は、問題ないが 何かの拍子に腰がズキンと痛い
    ・疲れてくると、腰に痛みが出たり、坐骨神経痛が出る
    ・サイアクから、少し改善したがまだまだつらい時期

    新聞を読む、テレビを見るなど 自宅で過ごす時期は、コルセットを外してみる
  • 3
    コルセットからの脱却
    痛み・シビレが軽減して日常生活に支障がなくなれば、コルセットに頼ることなく、腰痛ベルトを外し様子を見る

効果的なコルセットの選び方
コルセットをして体を動かし確認腰痛予防|腰痛対策

腰痛をコルセットで予防したい

腰痛に悩み、腰痛対策のひとつとして、コルセットを購入する際、

  • どんなタイプのコルセットが、自分の腰痛に必要なのか
  • 効果のあるコルセットなのか

コルセットの選び方、分かりますか?

すごく簡単な、腰痛に有効なコルセットの選び方は、コルセットや腰痛ベルトを装着前後に、腰の痛みの変化を試して確認する事です。

コルセットをする前に、体を前後左右に動かしてみて、どの動きで腰痛、腰の痛みを感じるのか確認してから、コルセットを巻いてみて、体を動かして再確認

このときに、腰痛を 感じない、あるいは、腰の痛みが軽減していれば、アナタの腰痛に適切なコルセットです。

この、コルセットの選び方は、実際にコルセットを、試着できる。

体を動かす事で、腰の痛みが再現される際に有効です。

やくしゃみで、腰にズキンとくる「腰痛」には、コルセットが有効です。

やくしゃみで腰が痛むのは、腹筋が働き、腹圧が変動するからです。

腰痛に対する、コルセットの効果として、腹圧を高める効果があります。

コルセットをする事で、咳やくしゃみによる、腰痛が緩和するかどうか確認し、腰の痛みが緩和するようでしたら、咳がひどい間はコルセットをしてくださいね。

これは、お腹を締め付ける事で、腰にかかる負担を、減らす効果です。

腹圧による、腰痛としては

  • お産時の妊婦さん
  • 下痢・便秘などの際の腰痛も

おなじタイプの腰痛に含まれます。

腰痛でコルセットをする際|洋服はどうするの?

腰痛でコルセットをする時、洋服はどうするの?困りますよね

  • コルセットの素材で
  • 保温性の高いサポータータイプのフェルト素材のコルセット
  • 夏用のメッシュ素材のコルセット
  • 固定力の強いプラスチックのコルセット

など、コルセットの素材により厚みが異なりますが基本的には、肌着など衣服の一枚上からコルセットを巻くのがいいですね

夏など特にですが、コルセットが以外とかぶれますので肌に直接巻くのはオススメできません。

また、コルセットが外から見えるとかっこ悪いと思いますのでズボンやスカートの中にコルセットをしまう事が多いと思いますので、ワンサイズ大き目の着衣の下にコルセットを巻くのがいいでしょう。

腰痛で、腰の痛みに悩み、コルセットをする事を考えた時に、腰の筋肉が弱るのがシンパイそんな声を良く聞きます。

確かに、腰痛でコルセットをすると、コルセットが腰を支え・関節をサポート、固定し、自分の筋肉で腰を支える必要がなくなるので、間違ったコルセットの使い方をすれば、腰の筋肉が落ちます 。

しかし、これは程度問題です。

腰痛がひどく、布団やベットから立ち上がるのに、脂汗をかくぐらい腰が痛く、自分ひとりでは何かにつかまらない歩けない筋肉が弱るから、コルセットしたくない、これでは、腰の痛み治りません。

安静、固定が必要な時期の腰痛には、コルセットが必要ですし、腰痛回復に効果的です。

ただし、腰痛(ヘルニア・分離症)回復に応じて、コルセットを徐々に外す時間を増やしていく事が重要です。

腰の痛みが軽減して来ても、コルセットをしていると楽だ、コルセットをしていないと不安ナドの理由で、コルセットをいつまでも手放せないと筋肉が弱ります。

具体的には横浜で整体治療にて腰痛治療に高い効果を上げている当院では、腰痛の状態に応じて、コルセットのアドバイスを行います。

コルセットを巻く時期を短い期間にする事で、筋肉低下を防ぎながら、

腰痛の早期克服をサポートしています。

腰痛対策|コルセットの上手な使い方

腰痛でコルセットを使う際には

  • コルセットを、どこに巻くか
  • どの時期まで、コルセットをするか?
  • どの作業に、コルセットをするか?
  • コルセットのサイズ・種類
  • 徐々に、コルセットを外す

この5つが、コルセットを上手に使うポイントです。

予約方法

「ホームページを見て…」と、お電話いただけるとスムーズです。

駐車場3台完備

045-306-2312

受付時間:9:00〜19:30 (休み:木・日)

横浜市瀬谷区中央16-21 2階
相鉄線「瀬谷駅」北口より3分

お気軽にお電話くださいね。

3密を避けた室内

ご連絡お待ちしています。

ご予約はこちら

「ホームページを見て…」とお電話ください。

045-306-2312

相鉄瀬谷駅3分 P3台あり
電話受付:9:00~19:30

患者さん84名のお喜び声

週刊文春に掲載されました

腰痛口コミサイトが評価腰痛クチコミバンク人気施術院
横浜瀬谷区で、唯一当院が選ばれ、推薦されました。

概要

整体  こぼり治療室

045-306-2312

受付時間:9:00〜19:30
(休み:木曜・日曜)

場所

横浜市瀬谷区中央16-21 2階

駅徒歩3分・P3台

院長

小堀 健

ご注意

こちらに掲載している内容は、効果を保障するものではありません。整体の効果は、個人差があります。